当社のシンボルマークである社名(呼称)のロゴ。
これは一体誰が描いたもの?

今から遡ること20年前…。

当時制作協力していたフジテレビの情報番組で
JOCX-TV2″という深夜帯に放送されていた
『カノッサの屈辱』という番組がありました。
1990年4月〜1年間関係者の方々には大変お世話になりました。

…実はその年、
当社設立にあたり、社のロゴを考案しておりました。
日本の企業はありきたりで決まって
明朝体、角ゴシなどや記号、マークと様々なロゴが存在していました。

当社は今になく将来的にも飽きられない斬新なイメージを持つロゴを制作しましたが、
どれも当てはまるものがなく諦めかけていた頃です。

上記の番組の題字を作成した下村哲也″氏が当社の為に、
20パターンものロゴを書いてくださいました。

大感激です!

態々当社の為に、貴重ばお時間をさいていただきました。
本当に心より厚く御礼申し上げます。
今でも未使用のロゴがあり、大切に保管しております。

時代にあったあの筆文字は今現在でも当社が受け継いでおります。